Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月16日

ヴォルフスブルク、今節ではいくつか入れ替えも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hecking8-1473950025
これからホッフェンハイム戦にむけて、18人のベンチ入り選手、そして11人の先発メンバーを選んでいディーター・ヘッキング監督。「非常な決断も監督の仕事のうちだよ」と語った指揮官は、「しかし戦術的な面を考えて対応しなくてはならない」と言葉を続けた。

それに該当する可能性がある選手の一人が、前節のケルン戦で古巣と戦ったヤニック・ゲルハルトだろう。精力的なプレーをみせる若手MFではあるが、その試合で途中から投入されたマキシミリアン・アーノルドが新しい風をもちこんでおり、前節無得点に終わったヴォルフスブルクが、パス力に長けたアーノルドを先発に起用してもおかしくはない。

さらに首の負傷から回復した今夏加入の新戦力、フィリップ・ヴォルシャイトもオプションとなり、こちらはロビン・クノッヘを脅かす存在となっているところだ。

さらにヴィエイリーニャが負傷から回復したことにより、これまで右サイドバックでプレーしていたMFヤクブ・ブラスチコフスキから入れ換えを行うことも考えられる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker