Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月25日

フォランドに2試合、ブルマに1試合の出場停止処分

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

volland800-1477308691
週末の試合で退場処分を受けたレヴァークーゼンのケヴィン・フォランドと、ヴォルフスブルクのジェフリー・ブルマ。2選手とも同じ「意図的にファウルで止めた」ことによる退場処分を受けているのだが、DFBスポーツ裁判所から発表された出場停止期間は、フォランドには2試合、ブルマには1試合というものだった。

フォランドはホッフェンハイム戦で、相手MFデミルバイをゴールから20m離れた位置で意図的にファウル。わずか6分で退場が命じられており、一方のブルマは23分に、ダルムシュタット戦で相手MFクラインハイスラーを同じ距離の位置でファウルで止め、フォランドほどのハードプレーではなかったが同じく退場処分が伝えられた。

そうして得たチャンスで、ダルムシュタットのベン=ハティラが直接FKを決めてゴール。これにより、常習者ではない限りは1試合のみの出場停止となるというルールから、ブルマは減刑を受けることになっている。

ただしレヴァークーゼンでマネージャーを務めるボルト氏は、直後のプレーのみならず試合全体に与えた影響をみて判断すべきとの考えを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker