Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月28日

ヴォルフス、ゴメス弾で久々勝利も2選手が負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vfl800-1477507584
リーグ戦では7戦未勝利が続くヴォルフスブルク。日曜日にファンが練習場で抗議を行い「闘争心をみせろ」と訴えていたのだが、この試合ではこれまで不足していた三つのポイント、闘争心、守備力、そしてゴメスのゴールが見て取れた。

移籍後初得点をマークしたゴメスは、「ようやく決まって嬉しいよ」と喜びをみせ、「この勝利はとにかく重要だよ。ここ数週間は厳しかったからね」と振り返っている。

またイスマエル監督も「非常に安堵しているよ、勝ち進むことができて。これはレヴァークーゼン戦に向けての自信となるよう期待している」とコメント。

だが1−0で勝利を納めた裏で、2選手が負傷。イスマエル監督は「勝利の代償は高くついてしまった」と語った。

2012年からヴォルフスブルクに在籍し、今夏にはユーロで優勝を果たしたヴィエイリーニャは、ふくらはぎに筋損傷を抱えてわずか19分で交代。

さらに交代で入ったブルーノ・ヘンリケも、わずかその11分後に今度は前十字靭帯の過度伸展により、ともにしばらく離脱を余儀無くされることになる。

なおその際にはイスマエル監督は、右ウィングで出場していたブラスチコフスキを右サイドバックへと下げ、先日2020年までのプロ契約を結んだばかりの19歳ジャスティン・メビウスが、トップチームデビューを果たした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker