Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月31日

ヴォルフスブルク、ビラス=ボアス氏と交渉

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

avb-1387193056
ディーター・ヘッキング前監督を解任し、ヴァレリエン・イスマエルU23監督を暫定監督に立ててシーズンを戦っているヴォルフスブルク。

ここまで見せている手腕については、マネージャーのアロフス氏も評価するコメントを述べてはいるものの、「路線に変更はない」ことを強調。後任監督探しは引き続き行われている。

そしてkickerが得た情報によれば、ヴォルフスブルクはアンドレ・ビラス=ボアス氏との話し合いを行った模様だ。

かつてポルトで大きさな成功を収め、その後にチェルシー、トッテナム、最近の2年間ではゼニトに指揮をとった。

なお相談役会では元ベルギー代表監督のマーク・ヴィルモッツ氏の名前も浮上している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker