Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月06日

ヴォルフスブルク、イスマエル氏が正式に監督就任

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァレリエン・イスマエル監督

ヴァレリエン・イスマエル監督



ヴォルフスブルクは日曜、ヘッキング監督解任以来、U23から昇格し暫定監督を務めてきたヴァレリエン・イスマエル氏を、正式に監督として迎え入れることを発表した。

週末のフライブルク戦で、就任以来初となる勝利を手にした指揮官については、マネージャーのアロフス氏は「ともに分析を行なった結果、イスマエル氏がヴォルフスブルクにとって正しい選択だという結論へと至った」と説明。

「100%の確信をもって決断を下したよ。彼にはそのチャンスがあることは昇格当初から強調していたし、フライブルク戦での勝利だけでなく、彼の仕事ぶりが納得させるものだったんだ」と言葉を続けた。

一方のイスマエル監督は「アロフス氏や全ての首脳陣に対して、私の仕事に対する信頼と与えてくれたチャンスに感謝している」と喜びを述べ、「このチームをこれから共に戦っていけることは喜びだ。まだ課題は山積みであることはわかっているが、しかしともに成功をおさめていけると確信している」と意気込みを見せている。

かつてブレーメンやバイエルン、ハノーファーでプレーした経験を持つ同氏は、ハノーファーU23監督を経て、2011年にヴォルフスブルクU23監督に就任。2014年にはニュルンベルク2部降格時に就任するも、わずか14試合で解任され、2015年から再びヴォルフスブルクU23へ復帰していた。

なお現在ブンデス1部で監督を務める中で、シーズン途中からユースより昇格した監督は、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督、ベルリンのパル・ダルダイ監督、グラードバッハのアンドレ・シューベルト監督、マインツのマルティン・シュミット監督、ブレーメンのアレクサンダー・ヌーリ監督。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker