ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月27日

イスマエル監督が解任、後任は今日にも発表へ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1488116842
週末に行われた下位ブレーメンとの対決で敗戦を喫し、残留争いから抜け出すことが叶わなかったヴォルフスブルクは日曜、ヴァレリエン・イスマエル監督を解任することを発表した。

これは土曜日にこれまでのことを分析しての判断であり、マネージャーのオラフ・レッベ氏は「決してブレーメン戦だけを見てのことではない。ここ数週間、数ヶ月をみてのことだ」と説明。後任については、「おそらく月曜にも」発表する見通しであることを明かしている。

一方でイスマエル監督はブレーメン戦後、「これまででベストの試合だった。総走行距離で120kmを走り、ポゼッションも非常に多く、プレスも素晴らしかったよ。ただ結果だけが見合ったものではなかったんだ」と語っていた。

昨年の10月18日から、現グラードバッハの監督ディーター・ヘッキング氏の後を受けて、U23からトップチームの指揮をとった同氏だったが、ここまでの15試合で5勝1分9敗。

なおはじめてイスマエル監督がトップチームを率いた2部ニュルンベルク時代では、就任から13試合で成績不振のために解任を余儀なくされている。