ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月21日

ベナリオ復帰、カスティールスとの定位置争いは最終章へ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4571
欧州リーグへの返り咲きを目指すも、一転して残留争いを演じる苦しい展開が続いているヴォルフスブルク。今季3人目の監督を迎える事態へと追い込まれたシーズンではあるのだが、そのなかで特に安定したパフォーマンスをみせているのが、GKのポジションだ。

ヘッキング監督下で先発に固定されていたコーエン・カスティールスしかり、イスマエル監督下で返り咲きを果たしたディエゴ・ベナリオしかり、特に低調なパフォーマンスを露呈したということはあまりない。

ただヨンカー監督就任からは、ベナリオが臀部の負傷のために離脱を余儀なくされてきたのだが、日曜日には再びフルメニューに参加。代表戦あけからは再び戦線に復帰を果たすことになりそうだ。

その一方でカスティールスはkicker採点平均2.83をマーク。一時期は今季までの契約となっていることからフリーでの退団の可能性も伝えられたが、今はむしろ契約延長の話題もあがってる。

しかし先日マルセル・シェファーが米国へと移籍したことから、2009年の優勝メンバーである主将ディエゴ・ベナリオの発言力、リーダーシップの重要性はさらに増してきていることも事実であり、そのポイントこそがまさに、イスマエル前監督がベナリオを起用した理由でもあった。

今季も残り9試合。ヨンカー監督はラストスパートに向け、大きな決断をせまられることになる。