ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月31日

ヴォルフスブルク、ディダヴィとゴメスの出場が疑問視

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4700
今シーズンは残り9試合で、1部残留をかけて戦うこととなったヴォルフスブルク。日曜日にはともに苦戦するレヴァークーゼンとの戦いが控えているところだが、この試合で二人の主力選手の出場があやぶまれているところだ。

木曜日からチーム練習を再開するアンドリース・ヨンカー監督ではあるのだが、しかしここには内転筋に問題を抱えるマリオ・ゴメス、そしてダニエル・ディダヴィは参加を見送っている。

たしかに2選手ともに練習場には姿をみせていたのだが、しかしながらあくまでランニングやパス練習など、個人練習のみに終始。ディダヴィは月曜の練習で途中中断を余儀なくされ、ゴメスはドイツ代表として参加したアゼルバイジャン戦後に、そのままチームドクターの下で治療を受けていた。

週末の試合に向けて、ヨンカー監督は「下位争いから抜け出さなくてはならないし、そのために必要な選手を起用していく」とコメント。その構想のなかに、プレイメイカーのディダヴィと点取り屋のゴメスが含まれていることは想像にかたくない。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報