ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月05日

若手SBホルンがヴォルフスブルクと延長

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

horn-1491314970
ヴォルフスブルクは自前で育成している期待の若手、ヤネス・ホルンとの契約を更新したことを発表した。新たな契約期間は2021年までとなっており、マネージャーのオラフ・レッベ氏は「長期契約を結べてうれしいね。うちのユースでトップチームへと登りつめた選手だ。これから次のステップへと踏み出していけると確信している」と、喜びを語った。

左サイドバックを主戦場とする20歳のDFは、今季第3節ホッフェンハイム戦にてブンデスリーガデビュー。定期的にトップチームへと参加し、今季終盤から就任したアンドリース・ヨンカー監督も、最近2試合で同選手をフル出場させているところだ。

指揮官は「大きな可能性を持った選手だよ。とてもスピードがあって、いい左足も持っている。今はアピールをしなくてはならない時期にあるが、そのチャンスをここのところは行かせているね。これからも取り組み続けていくことだ」と評価。

2008年からヴォルフスブルクに在籍し、U16からドイツのユース代表でもプレーしているホルンは「とても嬉しいよ。良い形で来れていると思う。ただ我慢も求められるだろうし、これからも全力を尽くしていかなくてはならないけどね。もちろん目標はチームで確固たる地位を確率するということ。そしてチームとしては、できるだけ早く1部残留を確定させることだ」と意気込みを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報