ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月24日

グスタボ、不振からの打開は「小さなことの積み重ね」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1492964635
今季はチャンピオンズリーズ復帰を目標に掲げていたヴォルフスブルクだが、しかしシーズンを残り4試合残して現在の目標となっているのは、ブンデスリーガ1部残留。一体何が起こっていたのだろうか?

ルイス・グスタボは具体的な言葉は避けたが、しかし「たぶんこれまでにいくつか、正しくない決断を下してしまったんだと思う。今シーズンは最初から、本来あるべき姿ではなかった」と、昨夏からの問題であるとの見方を示唆した。

その一方で、1部残留にむけては「これから必要なだけの勝ち点を得られる、そのクオリティはこのチームにはある」とコメント。しかし決して気を緩めているということではなく「これからとにかくサッカーに集中していくということ。今の状況ではよりがんばらなくてはならないんだ」と意気込みをみせている。

「外食を減らし、しっかりと睡眠をとって、集中して、いい食事をとるということ。そういった小さなことの積み重ねだと思う。ファンのためにもクラブのためにも戦うということ。雰囲気はいいし、次戦のバイエルン戦でもチャンスはあると思う。バイエルンのクオリティはわかっているけど、全力をつくすよ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報