ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月30日

ブンデス入替戦第2戦:ブラウンシュヴァイク0−1ヴォルフスブルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


※第1戦はヴォルフスブルクがホームで、1−0で勝利。

【得点】
0−1:ヴィエイリーニャ(49分)

imago28596105h-1496093082_zoom20_crop_560x205_560x205+6+24
【試合後コメント】
トルステン・リーベルクネヒト(監督:ブラウンシュヴァイク)
失望は当然ながら大きいものがあるさ。今シーズン、我々は身を粉にして取り組み続けてきたし、ヴォルフスブルクを相手にしても2試合ともにとてもいいパフォーマンスをみせていたんだ。しかしながら相手ゴールのネットを揺らすまでには至らなかったよ。確かにチャンスは掴んではいたのだがね。それでは試合は難しくなってしまうというものさ。しかし私は選手たちに対して誇りを感じているよ。

アンドリース・ヨンカー(監督:ヴォルフスブルク)
最初のうちは確信というところで不足していたところがあったが、しかし25分を過ぎてからはちゃんと試合に臨んで主導権を握ることができていたよ。喜びと安堵の両方を感じているところだ。選手たちも同様にほっとしていることだろう。しかしながら我々が手にした成功というのは、あくまで最低限のものであるということは認識しなくてはならない。あえてお祝いをするような理由は特に見当たらないよ。(今後については?)ヴォルフスブルクとは監督として残ることで合意に達している。(ゴメスの去就は?)彼とは話し合いをすることになるが、しかし基本的に彼はここで満足しているよ。

オラフ・レッベ(マネージャー:ヴォルフスブルク)
ほっとしている。それ以外のことについては、とりあえずまた明日からだよ。

クリスチャン・トレーシュ(DF:ヴォルフスブルク)
今日はお祝いするさ。こんなボロボロのシーズンのあとで、最後に結果として報われたね。

ダニエル・ディダヴィ(MF:ヴォルフスブルク)
とにかくうれしい。本当にあまりにも大きな重荷をようやく下すことができた。チームとしていくつかの変化が求められると思うし、目的達成のための強い意思をもった選手が必要だ。とにかくプレッシャーは大きかったけど、でもそれえも僕たちはちゃんとサッカーをしなくてはならないもの。(ハンブルク移籍の噂も)馬鹿げている。来年も僕はここでプレーしていると思うよ。

ヴィエイリーニャ(MF:ヴォルフスブルク)
僕にとってはとにかく重要なゴールだった。チームの助けとなって、ブンデス1部残留を果たせたのだからね。今回はチーム全員がウィナーさ!僕たちチームにとっては、ファンと一緒に喜びをわかちあうことが重要なことだった。彼らはずっと僕たちを支えてくれ、それを僕たちが実感しないときはなかったんだ。そのことに感謝しているよ。


【先発】
RG2-11RG2-12


  • ブンデスリーガ・各チーム情報