ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月30日

ヴォルフスブルク、運命の入替戦にむけてメンタルのエキスパートを招聘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


チャンピオンズリーグ復帰を目標に掲げながらも、最終的には16位と低迷し、現在はわずか41km離れた宿命のライバル、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクとの入れ替え戦を戦っているVfLヴォルフスブルク。

その運命の一戦を前にして、新たにメンタルのエキスパートである、アンドレアス・マルロヴィッツ氏をメンタルコーチとして招聘することを決断した。

なお同氏はかつて、期待のベルギー代表MFジュニオール・マランダが事故死した際にも、ヴォルフスブルクにてメンタルケアを施しており、月曜夕方から行われる入替戦第2戦でも選手たちへのサポートを行なっていく。

またマルロヴィッツ氏はヴォルフスブルクの近くにあるハノーファーでも、2009年11月にロベルト・エンケが自殺した際にも選手たちの支えとなった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報