ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月03日

ホッフェンハイムがウェストハムのノルトヴァイトに関心

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1496484291
kickerがイングランドから得た情報によれば、TSGホッフェンハイムがウェストハムに所属する、ハヴァルト・ノルトヴァイトに関心を示している模様。

昨夏に5年半すごしたボルシア・メンヒェングラードバッハを後にし英国へと渡ったノルウェー代表MFだが、しかしウェストハムでは出場機会の確保に苦戦。

今季は16試合の出場となり、先発出場はそのうち11試合のみにとどまった。

一方でホッフェンハイムでは、今夏にドイツ代表セバスチャン・ルディがバイエルンに、さらにピルミン・シュヴェグラーがハノーファーへと移籍。確かにブレーメンからフロリアン・グリリッチュを獲得しているものの、どちらかといえばオフェンシブなプレーを得意とする若手選手だ。

その点でノルトヴァイトは守備的なMFであり、ホッフェンハイムでの同様のタイプの選手といえば、まだそこまでナーゲルスマン監督の信頼を勝ちきれていないオイゲン・ポランスキのみという状況にある。

さらにホッフェンハイムではドイツ代表CBニクラス・ズーレもバイエルンへと移籍。ノルトヴァイトはグラードバッハ時代では、頻繁にCBとしてもプレーしており、こちらでもオプションとして計算することができそうだ。

ただしこれまでノルウェー代表として30試合に出場した経験をもつ26歳に対しては、ホッフェンハイムのみならずレヴァークーゼン、そしてヴォルフスブルクも関心を示している模様。

ノルトヴァイトとウェストハムとの契約は2021年まで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報