ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月17日

ヴォルフスブルク、ヴォルシャイトの退団を発表

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴォルフスブルクはフィリップ・ヴォルシャイトの退団を発表した。昨夏にストーク・シティからレンタルで加入していた同選手だが、契約に含まれていた買い取りオプションの行使をみおくっている。

第3節から3試合つづけてフル出場していた同選手だが、しかしヘッキング監督のあとを受けたイスマエル監督の下では構想外に。さらに下部チームへと送致され、第27節まで出場機会が巡ってくることはなかった。

しかしヨンカー監督就任からは再びトップチームへと復帰。CBに怪我人が重なったこともあり、第27節から入れ替え戦2試合を含むシーズン終了までの9試合中6試合(先発5)している。

マネージャーを務めるオラフ・レッベ氏は、「彼の尽力に感謝している。クラブも自身の状況も、決して容易なものとはいえなかった。それでも決して頭を下げることなく、自身の道をあゆむ姿がそこにはあったよ」と述べた。

ヴォルシャイトのレンタル料は150万ユーロ、さらに買い取り金額は600万ユーロとなっていたのだが、ドイツ代表として2試合の出場経験をもつ28歳は再びブンデスをあとにする。ストーク・シティとの契約は2018年まで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報