ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月19日

ヴォルフスブルクがベルギーU21代表FWディマタ獲得

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


VfLヴォルフスブルクは来季にむけて、3人目の新規獲得選手を迎え入れることに成功した。ベルギーK.V.オーステンデからランドリ・ナニ・ディマタを5年契約で迎え入れている。

19歳のFWはウィングを主戦場としながらも、CFとしてもプレー可能なフレキシブルな若手選手だ。今季オーステンデにて同選手は、ベルギー1部24試合に出場して11得点をマーク。

またベルギーユース代表としては、U17からU21まで、ここまですべての世代で招集を受けている。

「ポリバレントな若手FWだ。彼の成長は長い間チェックしてきたからね、今回獲得できてうれしいよ。特にスピードにたけ、強い意思ももった選手だ。ここでさらなる成長をとげることだろう」とオラフ・レッベSDは喜びを語った。

一方でディマタは「ブンデスでのチャンスを与えてくれたヴォルフスブルクに感謝している。この信頼に結果でこたえたい。ベルギーからドイツへの挑戦というのは、僕の考えでは大きなものだと思っている。ここではたくさんのトッププレイヤーとプレーができるし、そこでたくさんのことが学べると思うよ。大きなチャンスだけど、とにかく今は楽しみだ」と意気込みを見せている。

なお契約に関する詳細については、両クラブの取り決めにより明かされることはなかったのだが、しかしながらkickerがエタ情報いんよれば移籍金額は最大で1000万ユーロとなるようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報