ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月01日

ヴォルフスブルク、ドイツユース代表CB獲得でCB陣揃い踏みへ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴォルフスブルクが期待の若き才能の獲得に成功した。1860ミュンヘンのオヒス・フェリックス・ウドゥオカイを獲得。これによりヴォルフスブルクは、来季にむけたCB陣がすべて出揃ったことになる。

19歳のドイツユース代表CBは、今季はブンデス2部21試合に出場し、kicker採点平均3.58をマーク。このパフォーマンスがブンデス1部のクラブの目を引き、ハンブルクやケルン、アウグスブルクといったクラブからも関心が寄せられていた。

オラフ・レッベSDは「彼がうちを次のステップとして選んでくれてうれしい。才能溢れるCBであり、フィジカルでの強さだけでなく、テクニックでもいいものをもっている。1860でトップチームへとあゆみを進めたが、うちでも引き続き成長を果たし、そしてブンデスリーガへと飛躍すると確信しているよ」と語っている。

移籍金額はおよそ100万ユーロになるとみられ、これでヴォルフスブルクは右利きのブルマとクノッヘ、そして左利きのブルックスとウドゥオカイという、4人の布陣で来たる新シーズンへ臨むことになった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報