ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月07日

サプライズを演じたいステファニアク

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏ACミランへと移籍したリカルド・ロドリゲスの背番号34を引き継いだのは、1年前に移籍で合意し、今夏よりドレスデンから加入したマルヴィン・ステファニアクだ。「これは僕が最初にプロになった時の数字なんだよ」

そう語った22歳のMFは、この1年をかけて新天地での下準備を行なっており「今はサッカーに完全に集中できる」とコメント。その間にチームは入れ替え戦を余儀なくされたが、「とにかく燃えたし成功を祈った」とも明かした。

ただ1年後にやってきたチームには、加入を納得させた監督もマネージャーももういない。それでもステファニアクはチャンスはあるとみており「早くヨンカー監督に納得してもらうようにしたい」と意気込みをみせる。

しかしながらドレスデンのファンが移籍に疑問の声を投げかけたように、ヴォルフスブルクでは厳しい定位置争いが待っていることは承知の上だ。「うまくいかないかもしれない挑戦だと思っている。」

それでも疑問の声を見返したい。これが正しいステップなんだと、ステファニアクはアピールしたいところだ。なおそのドレスデンとは、7月22日にテストマッチで再会することになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報