ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月07日

ヴォルフスブルクが今季の目標を公言「一桁台に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これまで今シーズンの目標について、アンドリース・ヨンカー監督もオラフ・レッベSDも頑なに口を閉ざしてきたが、先日今夏の移籍市場も閉幕し、改めて第3節を迎える前にレッベSDが目標設定について考えを語った。

「このチームはリーグでもっとも若いチームの1つだが、しかし降格の危機にひんすることなくシーズンを戦える。それだけのクオリティが備わっていると確信している。我々としては今シーズン、一桁台でフィニッシュしたい。」

CL返り咲きを期して臨んだ昨シーズンだったが、蓋を開けてみれば16位でフィニッシュして入れ替え戦でどうにか残留。「これまでの経験からも、一度下に固定されてしまうのなかなか抜け出せなくなってしまうもの。それを我々としてはどうしても避けたい」とレッベ氏は考えを述べている。

なお今季は開幕戦でのドルトムント戦に敗戦を喫したものの、続くしフランクフルト戦では勝利をおさめてここまで勝ち点は3。「我々はチームの入れ替えを断行しておりう、まだまだ時間が必要なことはわかっているよ」と言葉を続け、「それに滑り込みでオリジを獲得し、さらにブルックスの離脱で急遽ティスランドも迎え入れているしね」と、しばらくは我慢を知られるとの見方も示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報