ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月15日

ブレカロの成長に目を細めるヴォルフスブルク。買い取りオプションは?

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴォルフスブルクのオラフ・レッベSDは満足感を示した。昨冬に当時2部のシュトゥットガルトへとレンタル移籍したヨシプ・ブレカロは、そこで希望通りの成長をみせており、「若く野心的なクラブで実戦経験を積むことは、彼にとっていいオプションだったね。あそこには将来もあるし、チームで重要な役割を担い、そしてクラブとともにブンデス1部へと昇格できたよ」とコメント。

そのためkickerが得た情報によれば、難航したウィング補強事情から今夏にはブレカロの復帰も検討したようだが、引き続き今季いっぱいまでレンタルが継続されることで決着を見た。「我々はブレカロの成長を注意深くチェックしているよ」

今季はすでに3試合で先発出場を果たしているブレカロは、先日のシャルケ戦では同点ゴールをアシスト。ただアナスタシオス・ドニスとの定位置争いから、ヴォルフスブルク戦ではベンチスタートとなる可能性もある。

なお今回のレンタル契約には、シュトゥットガルトに買い取りオプションもつけられているのではとの憶測も流れたが、このことについてレッベSDは、「来季には彼が戻ってくる。それで我々は合意に達している」と一蹴した。


またそれとは逆に、一昨季までプレーした古巣と対戦するのが、ダニエル・ディダヴィである。シュトゥットガルト近郊のニューティンゲンにて生まれ、シュトゥットガルトで育成されてきた同選手にとっては、レンタルで移籍したニュルンベルク時代以来となる、敵としてシュトゥットガルトへと乗り込む試合だ。

これまでは怪我に泣かされてきたが、菜食主義とすることで体調を改善。ここまで3試合で2得点をあげるなどパフォーマンスも向上し、ここまでの怪我はつま先の打撲のみ。さらに相乗効果として体重は6kgも落ちた。

「シュトゥットガルトでの試合が楽しみだよ。僕にとって特別な試合だかね」とディダヴィ。しかし2部降格時に、しかも移籍金なしでヴォルフスブルクに移籍したとあって、同選手の送別イベントではブーイングも。「あの時にブーイングした人は、今回もするんだろうね」と語ったディダヴィは、「父親がシュトゥットガルトの会員」のためにこのことにここをを痛めていると明かした上で、「僕は選手として成長した」ともコメント。その状況を克服できると自信を覗かせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報