ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月22日

就任から5日目、早くも2戦目、しかもバイエルン戦を迎えるシュミット監督

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就任翌日にはブレーメン戦を戦い、そして金曜日には王者バイエルン戦が控えているマルティン・シュミット監督。「試合がはじまった時には勝ち点は1だよ」と強調した新指揮官は、「我慢づよく持ちこたえて、そして自分たちがすべき本質から目を逸らさないようにしなくてはならない」とバイエルン戦にむけて意気込みを示した。

なおポイントとなる守備の形としては、「3バックか、4バックか、5バックか。まだ決めているわけではない」と述べるに止まりながらも、「5〜7人でペナルティエリアの守りを固めて、あとは成功を祈ることになるだろうね」と述べ、「意欲的にかつ攻撃的な姿勢で、まとまりをもって臨みたい」と選手たちへの要望を口にしている。

また「これまでにも私は目的意識をもって話し合いを行なってきた」というシュミット監督は、「それはここでも同じこと。取り組みに関すること、プロセスに関すること、成長に関すること、そういったことについてね。これは大切なことだよ」との考えを強調。

「1つの目的としては、相手よりも精力的に動くということが開けられるだろう。相手よりもスペリントを多くしたい。そしてクリスマスまで、春まで、夏までといった形で目標せっている行なっていく。もしもそのなかで取り組みの目的が達成されていれば、我々は自らの希望を手中におさめているはずだ」と語り、「まずは短期的な目標としては、下位からの脱出ということ」を掲げた。


一方で自身の就任からまだ1年もたたないうちに2度も監督交代を行なった俺ふ・レッベ氏は、シュミット監督の就任にあたって「全ての責任を負う」と、同氏の後ろ盾として支えていくことを宣言。つまりはヨンカー監督とともにチームを去るということはなく、「クラブから大きな信頼を得ているし、立場が危ういとは思わない」と語った。

しかしながらシュミット監督の結果次第ではそれも危ういものとなり、すでにアロフス氏退任から空位となっている競技部門の代表には、ディトマー・バイエルスドルファー氏や、クリスチャン・ネルリンガー氏らの名前が浮上している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報