ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月03日

マリオ・ゴメス「見通したたず」も代表戦期間後メンバー入り?

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季ここまで開幕から7試合で6得点。昨季は欧州への野心をみせながら入れ替え戦での残留を味わったヴォルフスブルクは、今夏に積極的に強化に務めたものの、しかしここまでそのオフェンス力は鳴りを潜めたままとなっている。

特にそのなかでも期待がかかるのが、今季から主将を務めるドイツ代表FWマリオ・ゴメスなのだが、しかし9月9日に行われたハノーファー戦にて足首を負傷して以来、ここまで離脱の状況がつづいているところだ。

今回のワールドカップ予選に臨むドイツ代表への参加を見送り、回復に務める32歳は見通しついて「まだ立ってはいないんだ」とコメント。マルティン・シュミット監督も「次のステップに向けて、全ての部分でしっかりと準備していかないと。」と述べ、「我々に必要なのは、万全に状態にあるマリオなんだ。」と強調している。

だが見通しについては、10月14日に行われるレヴァークーゼン戦にむけて「かなり復帰に近づけるとは思うよ。」とも。「ただ具体的には誰もわからないけどね。もしもいい感じのフィーリングを得られれば、特に問題を感じなければ、メンバー入りする可能性は確かにある。しかし全てがうまくいかなくてはならないけどね」と言葉を続けた。