ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月02日

相手SDからの賛辞にも、シュミット監督「それも戦術のうち」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


木曜日にボルシア・メンヒェングラードバッハのマックス・エベールSDは、kickerに対して「ヴォルフスブルクのメンバーに目を剥けるならば、彼らにはバイエルンを追いかける立場になれるクラブの1つだといえるだろうね」と賞賛。

だがこれに対してヴォルフスブルクのマルティン・シュミット監督は、「それは夏にチーム作りを行なってくれた人々への賛辞となるね」と述べながらも、「私だって、相手のことを大きく表現するし、それはどこのチームでも行われていることだ」と、あくまで戦術の1つとの見方を示した。

なお今回の対決の本命について問われると、指揮官はグラードバッハの名前をあげており、「特にこの4試合に関してみれば、グラードバッハより勝ち点を得ているクラブはどこにもないのだから」と説明。

ただその一方で「我々は8月からホームで負け知らずでこれているし、ここでの強さを発揮したいね」と意気込みをみせている。もしもそれができれば、少なくともグラードバッハを追いかける立場にはなれる可能性があるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報