ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月06日

アーノルド「先発に復帰できると思っている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


勝っているチームはいじらない・・・、それはサッカーの世界における1つの鉄則だ。もしもこの言葉通りになるならば、前節のグラードバッハ戦での快勝の裏で、出場停止にあったマキシミリアン・アーノルドは、今節はベンチスタートという意味になる。

「でも僕は先発出場すると思っているよ」そう自信をのぞかせた23才のMFは、「確かにまずはアピールしなくてはいけないけどね。ゲルハルトはいいプレーをみせていたから」と言葉を続けた。

昨季後半戦から監督に就任したアンドリース・ヨンカー氏の下では、出場機会をえられなかった同選手。しかしながらマルティン・シュミット監督が就任すると、チームと共に自身の立場も改善。いまや定位置確保に成功している。「信頼してもらえているね」

シュミット監督就任により、チームへ与えたもの。それは一体なんなのだろうか?「コンスタントさが、今の僕たちにはあると思う」とあーのるどはコメント。「締めるところをきっちりとしめているという感じだね。規律という部分が彼にとっては大切で、チームとしての考えをもつことを重要視している。それは些細なことかもしれないけど好影響をもたらすものなんだ」と述べている。

なお現在は11位につけており、順位表の中盤の位置への足がかりをつかむことに成功。実に9ヶ月ぶりとなり「連勝」を飾ることができればトップ10入りもみえてくるが、アーノルドは「もしそれができれば、昨季の入れ替え戦進出を思えば大きな飛躍だといえるだろう」とコメント。それでも下位への意識を失うことはない。

そして今節の相手は昨季最終節に敗戦を喫し、逆転で入れ替え戦進出が決まってしまった因縁の相手ハンブルガーSV戦だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報