ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月07日

守護神として上々のシーズンを過ごすカスティールス

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


長きに渡ってヴォルフスブルクの守護神、そして主将を務めたディエゴ・ベナリオが今夏にモナコへと去り、そのあとを受けて守護神の座についたコーエン・カスティールス

昨季はそのベナリオと先発の座を二分するシーズンを過ごすことになったベルギー人GKだが、晴れて第1GKとして臨む今シーズンはkicker採点平均2.75をマーク。GKのポジションは固定され、周囲から賞賛の声があがっている。

「これは、僕がいい仕事をしているという1つの証だね」と、喜びをみせたカスティールスは、マルティン・シュミット監督より「チームのピンチを何度も救ったこと」に感謝の言葉を受けるなど、特に最近2試合は無失点記録する活躍を披露。

「でも勝てばいいんだよ」そう語ったカスティールスは、「守備陣が開幕当初よりも改善をみせている」ことも安定化の要因の1つとしてあげ、「まだまだこれから僕たちはもっとよくなれる」と高みを目指していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報