ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月11日

8ヶ月ぶりに復帰したブルマ「その時を待つ」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたハンブルガーSV戦では、実に8ヶ月ぶりにジェフリー・ブルマがベンチに姿をみせた。復帰にむけ、さらに小さな一歩を踏み出したオランダ代表CBだが、しかしピッチでその勇姿を目にするのは来年にもちこされることになりそうだ。

「またここに座れてうれしいよ」かつて自身が若かかりし頃に所属した、ハンブルクのスタジアムでの復帰について、ブルマはそう振り返った。「2年間ここで過ごしたけど、まだ知り合いは何人か残っているね」

ただ今のブルマにとっての重要なテーマは、当然のことながら膝の怪我からの回復具合だ。現時点ではヴォルフスブルクとしては、あえてブルマを起用しなくてはならないような事態には陥ってはおらず、「我慢が必要だし、これからも取り組み続けていかないとね。そのときのために準備しておくよ。今は追いかける立場だし、監督の判断はリスペクトしている」とブルマはコメント。

また8ヶ月にも及んだ離脱期間については、「もう怪我なんてごめんだけど、でもいろいろと考えたり、振り返ったりするためのいい機会にもなったことは確かだね。」と振り返っており、「とにかく今は復帰に集中している。それが年内に実現するなら嬉しいし、そうじゃなくても落ち着いて今冬とりくんでいくさ」と意気込みをみせている。

ただ守備の要としてヴォルフスブルクの守備陣を牽引していたブルマの力は、遅かれ早かれチームから求められるものであることは確かだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報