ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月14日

アーノルド「ケルン戦で勝利を。もうドローはうんざり」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨季2位のライプツィヒを相手に痛み分けに終わったヴォルフスブルク。しかし終盤では猛攻をみせていたこともあり、「あの最後の場面をみればね、決して満足などできるはずがないよ」と、マキシミリアン・アーノルドは振り返った。

「彼らに対しては、ハードスケジュールの影響は見て取れたと思う。僕たちの方はこれを活かして結果に結びつけていかなくてはならなかったんだけど」

この試合では幸先よく先制ゴールは決めてはいたものの、だが決して思うような試合展開だったというわけではない。「前線では、思うようにボールをキープすることができていなかったし、守備面では意欲にかけてしまっていた。それではなかなか前に向かってプレッシャーなどかけられないものさ。こういう試合でなんとか打開策を見出せるようにしないと」とアーノルド。

しかしながら後半52分に、ハルステンベルクに同点ゴールを決められ、「それから突然に落ち着きと我慢が出てきたんだけどね」と振り返った。それを週末のケルン戦でも見せたいところだろう。

アーノルドは、「とても難しい試合になるだろう。ケルンには失うものはないし、僕たちはとにかく集中していかなくては」と述べ、「ケルン戦で勝利したいし、ドローはもう十分だよ」と意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報