ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月09日

ヴォルフスブルクのシュミット監督「次はアウェイ戦で勝利を」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われるヴォルフスブルクvsハンブルク戦は、別の見方をするならば対人戦勝率でトップ(52.6%)と最下位(47.7%)による戦いでもある。「それを耳にするのはいいものだね」と喜びをみせた、ヴォルフスブルクのマルティン・シュミット監督だが、「しかしそれはちょっとしたことでしかない。重要なことは、大事な対人戦でいかに多く勝利をおさめられているかなんだ」と言葉を続けた。

ハンブルクは前回のホーム戦において、ホッフェンハイムを相手に高い位置から積極的なプレスを仕掛けるなど、印象的なパフォーマンスをみせて3−0で勝利。一方でヴォルフスブルクは、ここまでアウェイ戦でまだ1勝もおさめられてないことからも「アウェイ戦での勝利が次のステップだ」との見方を指揮官も示している。

なお先発メンバーについては、「勝利しているチームは変えない」という決まり文句からも、あまり変更はなされないだろうが、しかし病気によりジャン=ルカ・イッテルの出場が危惧されており、ゲルハルトを中盤から左サイドに戻す可能性もあるだろう。

ハンブルク戦にむけて、シュミット監督は「明晰にプレーできる選手が必要だ。意欲的に得点を狙っていきたい。ホームではここのところいい戦いを見せているしめ。アウェイ戦では苦労しているが」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報