ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月19日

ヴォルフスブルクのシュミット監督「ケルン戦からの奮起を!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末のリーグ戦では、最下位ケルンに今季初勝利を献上する形となったヴォルフスブルク。翌日にはマルティン・シュミット監督は風邪でとこに伏せることになったのだが、ビデオによる分析を行い、火曜に行われるDFBポカール16強ニュルンベルク戦では修正をはかっていきたいところ。

指揮官は「ニュルンベルクは我々と違って勢いにのってきている。タフな戦いだよ。ワンマッチである以上は、1部か2部かの問題ではない。ただ自分たちが優位であることは示したいと思うし、ここでリアクションをみせてケルン戦よりいい戦いをしないと」と、選手たちの奮起を促した。

なお今回の試合ではそこまでローテーションを行う考えはないようで、「まだそこまでチームの息が合っているわけではないからね」とシュミット監督は説明。ただし負傷をかかえるアンソニー・ブルックスフェリックス・ウドゥオカイの出場の判断は直前になるとみられ、その一方でケルン戦では体調不良から欠場したマキシミリアン・アーノルドについては復帰を果たすことが確実だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報