ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月22日

ディダヴィ「1年前には考えられなかったこと」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前半戦では苦しい時期が続いたヴォルフスブルクのなかで、輝きを解き放った数少ない選手の一人がダニエル・ディダヴィである。先日行われたDFBポカール16強ニュルンベルク戦では、後半65分から投入され延長でダメ押し弾となるゴールを決めて見せている。

今季はここまでチームでもっとも多い、13得点に絡む活躍を披露しており、とくにすでにマークした7アシストはキャリア最高の数字だ。加えて膝の問題になやまされつづけ、一時は引退の可能性すらあったプレイメイカーだが、今季はここまで公式戦19試合に出場することができている。

「膝のことを考えれば、これは1年前には決して考えられなかったことだ」と、ディダヴィはコメント。「基本的に、自分自身のプレーはそんなに悪くはないことはいいことだけど、でももっとコンスタントにパフォーマンスを発揮できないといけないとは思う」と反省点もあげつつ、まずは疲労が蓄積した体をいたわり「後半戦にむけて体調を整えていく」と、意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報