ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月10日

ヴォルフスブルク、バーゼルからスイス代表シュテッフェン獲得へ

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴォルフスブルクは今冬二人目となる新戦力を迎え入れることとなった。kickerが得た情報によれば、レナト・シュテッフェン獲得に向けて、すでにヴォルフスブルクはバーゼルと合意。水曜日にも移籍が発表される見通しとなっている。

26才のスイス人ウィンガーは、ヴォルフスブルクと3年契約を結ぶと見られており、移籍金額は175万ユーロ。左右のウィングでプレー可能な同選手については、ヴォルフスブルクは昨夏にも獲得に動いていた。

しかしながらバーゼル側は、昨シーズンに5得点12アシストを記録するなど大きな活躍をみせた同選手の保持を決断。今季もここまで17試合に出場して、3得点3アシスト、チャンピオンズリーグでは6試合全てで出場し、マンチェスター・ユナイテッドにつぐグループリーグ突破に貢献している。


なおヴォルフスブルクでは先日、マリオ・ゴメスと入れ替わる形で、シュトゥットガルトから同じくウィングを主戦場とするヨシプ・ブレカロを早期に復帰、ユヌス・マリが控える左サイドでの定位置争いを演じていく。

一方のシュテッフェンについては、両サイドでプレーは可能ではあるものの、負傷で離脱中のヤクブ・ブラスチコフスキと共に右ウィングでのプレーが見込まれているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報