ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月12日

レナト・シュテッフェン「ブンデス挑戦は夢だった」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日バーゼルから加入したレナト・シュテッフェン。自身のプレースタイルについては、「食らいついていく。ただスイスの人たちが考えているほどではないけどね」とコメント。実際にオットマー・ヒッツフェルト氏はkickerに対し、「何かあれば遠慮なく行動に移すタイプだけど、アンフェアな選手ではない。むしろ監督としていてほしいタイプの選手で、ブンデスでやっていける」と太鼓判を押した。

このことについて、シュテッフェン自身は「光栄なこと」と喜びをみせながらも、「でもそれをピッチでみせていかないと」と気を引き締める。それができれば「スイス代表入り」もみえてくるだろう。ライバルとみられるシェルダン・シャチリについては、「身長もスタイルも似ているけど、でも僕はもっと筋肉をつけていかないとね」とコメント。

「僕は決して大きな選手ではないし、ブンデスでやっていくにはもっと勉強していかなくてはならないと思っている。もちろん常に出場できるよう準備万端で臨むけど、でもフィジカル面での不足にはしっかりと対処したいかなくてはならないんだ」と言葉を続けた。「これはキャリアの前進、ブンデスでのプレーは夢だったし、話が来た時は思い悩むこともなかったよ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報