ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月06日

メーメディ投入、オリジゴールもまたもやドロー

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レヴァークーゼンではチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指していたものの、先日加入したヴォルフスブルクでは一転して残留争いを展開。このことについて、アドミール・メーメディは「もちろん別の感覚を覚えている。でもそれに向けて十分に経験豊富な選手がいるし、ミスを減らしていくことだよ」とコメント。「僕たちとしてはできるだけ早く勝ち点3を積み重ねていかなくては」と言葉を続けた。

なおこの試合では後半66分から投入されて、ヴォルフスブルクでのデビュー戦を飾っている。しかし目立った活躍はみせることができず、チームの今季12度目となるドローを防ぐことはままらなかなかった。それでもマルティン・シュミット監督は、「メーメディはフィジカルにプレーしていたし、最終ラインでのパスなどそのクオリティを見せていたよ」と期待感を示している。

そもそもヴォルフスブルクにとっても欧州の舞台は目標の1つではあったのだが、リーグ戦での現状を見る限りは厳しい状況に置かれていることは確かである。しかしながらまだポカールでは勝ち残ることができており、優勝を果たせばEL出場権を得られるとあって、「あと3勝だ。それで国際舞台にいける。前回のシャルケ戦ではいい戦いを演じているし、ぜひ勝ち進みたい」と、指揮官は今季好調シャルケを相手にして意気込みをみせた。


ちなみにそのシャルケ戦で得点を決めたのがディヴォック・オリジ。今節のシュトゥットガルト戦でも得点を決めており、「FWとしてゴールを決めたことは素直に嬉しい」と喜びを見せながらも、「でも結果はついてこなかった。理由はわからない」と痛み分けを悔やんだ。

なおそのオリジにとっての国際舞台は、ELやCLのみならず、W杯の舞台での可能性がある。ライバルはドルトムントに加入したミシー_バチュアイと目されるが、「それはメディアでの盛り上がりで、僕は自分に集中している。ミシーはいいやつだし、代表ではよく談笑しているよ。」とコメント。二人とも代表入りというのも?「それは代表監督にとって、いい質問だと思うね」とオリジは笑顔をみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報