ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月22日

ヴォルフスブルク、マインツのエズトゥナリに関心

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜夜には残留を争うマインツとの直接対決が控えているヴォルフスブルク。先日は今季3人目となるブルーノ・ラバディア氏の監督就任を発表したばかりだが、さらにkickerが得た情報によればマインツのレヴィン・エズトゥナリに関心を抱いていることが明らかとなった。

開幕前からウィングの補強が求められていたヴォルフスブルクは、今冬にシュトゥットガルトからヨシプ・ブレカロを早期に復帰させ、さらにバーゼルからレナト・シュテッフェンを獲得。加えてオフェンスのオールラウンダーであるアドミール・メーメディも迎え入れていたのだが、さらに21歳のユース代表MFにも関心を示しているようだ。

今季のエズトゥナリは負傷の影響もあり、ここまでリーグ戦16試合に出場して4アシストをマーク。ただ移籍までには両クラブによる合意が求められる上に、ヴォルフスブルクはヤクブ・ブラスチコフスキやランドリー・ディマタに対する対応も求められることになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報