ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月11日

ヴォルフスブルク、ヨシプ・ブレカロが脳しんとうを抱え離脱

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴォルフスブルクの負傷者リストに、さらにもう一人の名前が加わることとなってしまった。ヨシプ・ブレカロが土曜に行われたホッフェンハイム戦にて脳しんとうを抱えたこちが明らかとなっている。

前半終了間際に投入された同選手は、後半開始早々に、相手MFオイゲン・ポランスキとの対人戦で負傷。脳しんとうの疑いがもたれ、そのまま交代を余儀なくされた。そして19才のMFはその夜、ジンスハイムにある病院へと搬送されており、そこであらためて脳しんとうを抱えていることが判明。

これによりブレカロは、少なくともしばらくの間は練習参加が澪くらえれることになり、今冬にシュトゥットガルトから早期にレンタルを解消し、ここのところは初得点をマークするなどチャンスをつかみかけていた印象があっただけに残念なタイミングでの負傷となってしまった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報