ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月01日

ヴォルフスブルク、ヨルグ・シュマッケ氏の招聘を発表

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


既報通りVfLヴォルフスブルクは、クラウス・アロフス氏以来空位となっていた競技部門の代表取締役として、ヨルグ・シュマッケ氏を招聘したことを発表した。なおkickerが得た情報によればそれに際して、ヴォルフスブルクはケルンに対し50万ユーロを支払っている模様。

木曜日に両クラブ間では密に話し合いが行われており、確かに昨年10月にシュマッケ氏とケルンは、和解金330万ユーロを支払う形で両者合意の下、契約解消へと至っているのだが、その条件として、今年の6月いっぱいまでは他クラブと契約は結ばないという内容も含まれていた。

だが先日2部キールとの入替戦を制し、これからチームの再建をはかっていきたいヴォルフスブルクとしては、そこまでシュマッケ氏の招聘を待つことはできず、早期の就任にむけて、ケルンに50万ユーロを支払う形でこの日の発表へと至った模様。

特にヴォルフスブルクでは、オフェンス陣の強化という部分で、非常に大きな課題を抱えている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報