ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月19日

マインツのシュレーダー氏、19日は「武藤嘉紀の健闘を切に願う!」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日のドイツ時間14時から、ロシアで行われているワールドカップ参加中の日本代表は、グループリーグ初戦コロンビア代表と激突。その様子を熱く見守るのが、マインツでマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏だ。

すでにマインツでは条件次第で、契約を来季まで残す武藤嘉紀の売却に応じる考えを示しており、ワールドカップはまさに市場価値を上げるための絶好の舞台だといえる。

大衆紙ビルトに対して、同氏は「まず我々の選手が、このワールドカップという舞台に立つことを誇りに思う」と述べ、「ヨシの健闘を強く願っているよ」と、この日は日本代表を応援することを宣言。

活躍次第では、移籍交渉における金額の大幅な上積みも期待されるが「それは副産物的なものさ。ただ各クラブがワールドカップに注目していることは確かだけれどもね。そしてヨシがゴールを重ねていくことができれば、それは彼自身にとっても確実にいいことだよ」と言葉を続けた。

なおその武藤嘉紀に対しては、プレミアではウェストハム、ブンデス内では岡崎、酒井高らを指導した経験をもつブルーノ・ラバディア監督のヴォルフスブルクからの関心も伝えられたが、シュレーダー氏はあくまで「まだ武藤嘉紀に対する、具体的なオファーは我々には届いてはいないよ」とも強調している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報