ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月07日

ヴォルフスブルク、モンペリエからルシヨン獲得

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 サイドバックの補強を模索していたVfLヴォルフスブルクだが、その答えをフランスで見いだすことに成功した。月曜午後にヴォルフスブルク公式は、モンペリエHSC所属のジェローム・ルシヨン獲得したことを発表している。移籍金額はおよそ500万ユーロとみられ、契約期間は2022年までの4年。背番号は15。

 獲得に際し、マネージャーを務めるヨルグ・シュマッケ氏は「左サイドバックの補強を目指していることはこれまでにも明らかにしていたことであり、今回ジェローム・ルシヨンの説得に成功したことを嬉しく思うよ。モンペリエで確固たる地位を確立した選手であり、我々は左SBへオプションを加えることができた。」とコメント。

 ブルーノ・ラバディア監督は「ジェローム・ルシヨンは経験もあり、かつ伸び代をもった興味深い選手だ。素晴らしいスピードを兼ね備えており、オフェンスにアクセントをもたらすことができる選手だよ」と評価している。

 クレールフォンテーヌ国立サッカー養成所にて育成され、2015年1月にソショーを経てモンペリエに加入した25才は、過去にフランスユース代表としてプレーした経験ももち、リーグアンでは合計117試合、昨季はリーグアン22試合に出場し、3得点をマーク。

 今回の移籍について「海外のクラブへの移籍は、僕にとっての1つの挑戦であり、ぜひチャレンジしたいと思った。今はその用意ができていると思うし、できるだけ早くあtらしい環境に慣れていきたいと思う。ヴォルフスブルク、そしてブンデスリーガを今からとても楽しみにしているよ」と語った。

 

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報