ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月09日

元恩師率いるウェストハムから関心のカマチョが練習不在も…

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 移籍市場が開いているこの時期では、そのなかで名前が浮上している選手などが練習で不在となると、即座に移籍間近かという意識に駆られてしまいがちだ。それはヴォルフスブルクで主将を務める、イグナシオ・カマチョについても同じことである。

 昨シーズンに長年にわたり主将務めたFCマラガから、ヴォルフスブルクへと渡ったベテランMFだったが、激しい定位置争いや負傷などの影響もあり、リーグ戦わずか11試合の出場という結果に。

 今夏には母国スペインのクラブや、マラガ時代の恩師ペジェグリーニ氏率いるウェストハムからの関心も伝えられており、移籍市場が閉まる本日木曜日にそのカマチョの姿が練習場でみられなかったのだ。

 しかしマネージャーを務めるヨルグ・シュマッケ氏は「オファーは届いていない」とこれを一蹴。「すべては憶測にすぎない」と断言しており、あくまでカマチョの不在は、足の裏側に抱える炎症が理由であり、決して海外に向かっているわけではないとのこと。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報