ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月22日

伊藤達哉、恩師ティッツ監督率いる独3部マグデブルクへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス3部1.FCマグデブルクは、モリッツ・クワルテングと共に、伊藤達哉の獲得を発表した。かつて2016年から2019年にかけて、ハンブルガーSVに所属していた日本人MFは、そこでブンデス1部20試合、ブンデス2部14試合に出場。それから戦いの舞台をベルギーへと移し、シントトロイデンにてプレーしていた。

 そして今回半年間のレンタルで加入するたマグデブルクで指揮をとる人物こそ、ハンブルガーSV時代の恩師クリスチャン・ティッツ監督であり、「達哉はドリブルを得意とする選手だよ」と評価。なおマグデブルクはリーグ戦21試合を消化し、2位カイザースラウテルンに勝ち点差9をつけての首位に立っており、2部昇格へと順調にあゆみを進めている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報