ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月10日

ビーレフェルト一筋だったシュタウデ、2部ヴルツブルクへ移籍

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデス2部昇格で新シーズンを迎えるヴルツブルガー・キッカースは、ブンデス1部昇格を果たしたアルミニア・ビーレフェルトより、キアス・シュタウデを獲得したことを発表した。契約期間は単年ながら、クラブ側に延長オプションも付随している。「キアヌは意思が強く、ダイナミックさとテクニックを兼ね備えた選手だ。まだ若いがブンデス2部でその力を幾度となく示している」と、ヴルツブルクのシーレ監督は評価。

ビーレフェルト生まれで、アルミニア・ビーレフェルトのユースチームにて一貫して育成されてきた23才は、2015/16シーズンからこれまでブンデス2部83試合に出場、6得点7アシストをマークしていたが、昇格を果たした昨季はわずか5試合のみに止まって契約満了を迎えていた。

同選手は「これまでアルミニア一筋できたけど、これから迎える新しい挑戦を本当に楽しみにしているところだよ。そしてヴルツブルクの目標達成のため、即座に全力を尽くしていきたい」と、意気込みをみせており、ダニエル・ザウアー代表は「まだこれから伸びる選手だ」との見方を示し、「我々が求めていた選手像に完全に合致している」と喜びをみせ、「23才として経験豊富」な選手への期待感を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報