ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月04日

ビーレフェルト、堂安律を1年間レンタルか

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス3部ヴィクトリア・ケルンとのテストマッチで不在となっていた、PSVアイントホーフェン所属の堂安律。クラブ側は22才の日本代表MFが、移籍先を模索するために自由を与えたことを発表していたが、オランダの”Voetbal International”が伝えたところによれば、ブンデスリーガ昇格組アルミニア・ビーレフェルトへの1年間のレンタル移籍に迫っているという。

 昨夏にフローニンゲンより移籍金750万ユーロにて加入した堂安だが、同紙はそれに見合った活躍をみせておらず、今季より就任するロジャー・シュミット新監督の下で苦しい立場へと立たされていると指摘。

 さらに日本代表として18試合に出場している堂安にとっては、来年夏に控える東京五輪出場を視野に入れていることからも、高いレベルでの実戦経験を定期的に積める場所を模索。そこで白羽の矢が立ったのが、今季よりブンデスリーガでの戦いへと臨むアルミニア・ビーレフェルトだったようだ。

 なお昨季にブンデス2部を制した同クラブは既にこの夏、DF:ヤコブ・バレット(オーデンセ)、FW:クリスチャン・ゲバウアー(アルタッハ)、DF:ネイサン・デ・メディナ(エクセル・ムスクロン)、FW:ノエル・ニーマン(1860)、さらに最近では同様にレンタルでアウグスブルクから、FW:セルヒオ・コルドバを獲得している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報