ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月02日

ビーレフェルト、後任監督はフランク・クラマー氏か

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 本日月曜日にウーヴェ・ノイハウス監督の解任を発表したアルミニア・ビーレフェルト。その後任候補としてはアンドレ・ブライテンライター監督や、先日にヘルタ・ベルリンを解任されたばかりのブルーノ・ラバディア監督らの名前も挙がっているが、kickerが得た情報によればどうやら、フランク・クラマー監督の流れへとあるようだ。

 ビーレフェルトでは将来的に若手選手の育成により力を入れ、ユーストレーニングセンターを拡充し、よりトップチームが身近になるよう独自のストラクチャーの最適化をはかっているところであり、その目指すところとクラマー監督のプロフィールはマッチしているかもしれない。

 暫定監督としてはホフェンハイム時代に経験があり(宇佐美貴史を指導)、またデュッセルドルフや、フュルトでは1部昇格まで後一歩のところまで迫るなどクラブ監督の経験、さらには若手育成という点で、ドイツU18〜20まで指導。加えてレッドブル・ザルツブルクでも2020年まで育成に従事していた。

アラビ氏「退任は夏に予定されていた」


 なお今回のノイハウス監督解任について、アラビ競技部門取締役は「今季がどういった結果でも退任する予定だった。これまでの経緯をみてそう決めており、それが早めに起こったということ」と説明しており、コロナの影響ではなくあくまで育成中心でいきたいクラブの方針との食い違いによるものとのこと。

 改めて2部降格の危機から一転、1部昇格へと導いたベテラン指揮官への感謝の気持ちをしめすと共に、新監督就任で、残留にむけたラストスパートへ「刺激」がもたらされることを期待した。「目的達成できるだけのクオリティが、このチームには備わっていると確信している」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報