ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月10日

堂安・奥川所属のビーレフェルト、コルドバからコロナ感染が確認

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日に行われたSCフライブルク戦では、1部残留に向けて貴重な勝ち点3の確保に成功したアルミニア・ビーレフェルトだが、その翌日には残念な知らせが届いてしまった。

 土曜午後にクラブ側が発表したところによれば、セルヒオ・コルドバからコロナ検査の結果、陽性反応が確認されたという。なお感染経路については、「おそらくは公的医療機関へ、私的に訪問した際に感染したと思われる」とのこと。

 またクラブ側の発表によれば、コルドバは既に隔離された状態に入っており、「今は何よりも選手の健康状態が重要だ」と強調。「ドイツサッカーリーグ機構の衛生管理の一環として、毎日定期的に検査を実施したことが早期発見につながった」と語った。
 
 なおそれ以外の検査結果では、全て陰性が確認されているとのことだが、しかしながらラインホルト・ヤボに関しては、コルドバとの濃厚接触者として同じく隔離へと入っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報