ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月28日

ビーレフェルト、堂安律の穴埋めにフランスから長身FWラズミ獲得

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガの新シーズンへの再始動を間近に迎え、アルミニア・ビーレフェルトのチームづくりが本格化をみせている。日曜日にブリアン・ラズミを獲得したことを発表、2025年6月末日までの契約を締結した。「ビーレフェルトと契約ができて嬉しいよ」と、仏2部ソショー=モンベリアルから加入した22歳の長身FWはコメント。

 192cmの高さを生かした空中戦も得意としており、決定力、柔軟性、スピード、存在感を高く評価するクラマー監督は「仏2部はストライカーにとってそこまで容易なところではないのだが、そこでその得点力(32試合で9得点)を証明している、可能性を秘めたアタッカー。即戦力としても期待しているよ」とコメント。なおソショーとの契約は2022年まで残されていたが、契約に関する詳細は特に明かされていないが、100万ユーロとみられている。


 これでヤンニ・セラとフロリアン・クリューガーの獲得や、ファビアン・クロスとの延長と、セバスチャン・ミュラーのレンタルからの復帰に加え、さらにオフェンス陣を強化したアラビ競技部門取締役は「ブリアンは非常にポリバレントなストライカー。伸び代があり、入団を決断してくれて嬉しいよ」と喜びを見せており、昨夏にレンタルで加入していた堂安律の穴埋め役としても期待されているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報