ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月01日

ビーレフェルト、引き続きラピドのウルマンに関心

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アルミニア・ビーレフェルトのフランク・クラマー監督がすでに「まだ補強を視野に入れている」と公言したように、引き続き新シーズンに向けたチームづくりを進めているところだが、そこで引き続き関心を抱いているのがオーストリア1部、ラピド・ウィーン所属のマキシミリアン・ウルマンだ。
 
 昨年ではシャルケからの関心も寄せられていた25歳の左サイドバックは、昨季オーストリア1部22試合に出場。さらにヨーロッパリーグでは6試合、チャンピオンズリーグ予選でも2試合に出場しており、オーストリア1部通算では121試合に出場した経験をもつ。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報