ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月10日

ビーレフェルトが4人目のオーストリア人選手、パトリック・ヴィマー獲得

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アルミニア・ビーレフェルトは火曜、既報通りにパトリック・ヴィマーを獲得したことを発表した。20歳の攻撃的MFは、「ブンデスリーガでサプライズを起こしたい」と意気込みをみせている。

 オーストリア1部、オーストリア・ウィーンから加入した、オーストリア代表はビーレフェルトにとって、4人目となうオーストリア人選手であり、今回は新天地にて2025年までの契約にサイン。基本的な移籍金額は50万ユーロといわれるが、クラブ側からは特に詳しい情報が明かされることはなかった。

 ビーレフェルトのクラマー監督は、「パトリックはテクニックに長け、機動力に優れ、スピードのある選手。中盤であれば複数のポジションでプレーすることができるよ」と評価。「将来性をもった若手選手であり、うちのチームによくフィットする」と言葉を続けた。

 同選手はアカデミーで育成された典型的なタイプではなく、2019年に4部のSVガフレンツからオーストリアへと渡った、異色の経歴の持ち主。それからオーストリア1部にて47試合に出場し、5得点をマークした後にドイツ最高峰、ブンデスリーガのビーレフェルトへの移籍を決意した。

 「良い話し合いができたよ。ここの環境がフィットしていると感じた」と語った同選手は、「ここには居心地のよさを感じるし、ここで更なる成長を遂げて、何よりチームと共に成功を収め、そしてサプライズを演じていければと思う」と意気込みを見せている。
 
 そこでは同じオーストリア出身の、マヌエル・プリートル、クリスチャン・ゲバウアー、そして新加入のアレッサンドロ・シェプフも、チームに溶け込むための力となってくれることだろう。さらにビーレフェルトでは左サイドに、ラピド・ウィーンのマキシミリアン・ウルマンも候補として名前が浮上しているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報