ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月10日

ホフマン会長「チャンピオンズリーグが問題の元凶」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fca8-1481275272
クラウス・ホフマン(会長:アウグスブルク)

…TV放映権料の分配について
プレミアのTV放映権料の高騰化は、世界中のクラブを震撼させるものだ。ドイツの分配方式はアウグスブルクのようなクラブでは非常に大きな問題であり、今のところはDFLがいい仕事をしてくれていることに感謝しているよ。

…チームのマーケットヴァリューに応じた分配金のアイデアについて
それを希望しているクラブたちは、会員数やインターネットのクリック数でどうにかしたいと思っているようだが、しかしそれではアウグスブルクやマインツのようなクラブにとっては厳しいものになるわけだし、長期的な解決策になりうるアイデアとは思えないね。

…CLの影響について
あれこそ問題のまさに元凶となっているんだ。2・3回CLに出場するだけで、財政レベルは一気に高いところまで飛躍を遂げてしまう。国内リーグとの格差をただただ生んでいくだけだよ。それによってさらにリーグ戦がつまらないものになっていくんだ。これをずっと続けていくものなのか、私には確信は持てないね。

…50+1%ルールを巡る議論について
存在の意義について改めて協議する必要があるだろう。いずれの判断にせよ、これにはリスクもメリットもある。

…アウグスブルクが行なった投資について
極端なことはするつもりはないし、大切なことはクラブのためになるということだ。節約政策から逸脱するようなことはない。

…アウグスブルクの成長について
一歩ずつ成長していきたい。まずはユースセンターやインフラ、そしてマーケティングや自己資本、そして海外へのスカウトといた感じだね。これからもあくなき探究心をもって臨めば、我々は確実に成長を果たしていくことができると思うよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報