ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月11日

カルセン=ブラッカー「早く復帰したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

augsburg8-1481287434
脛骨の骨折、二つの人体の断裂、軟骨の損傷。これが昨年の12月10日に行われたELベオグラード戦で、ヤン=イングヴェア・カルセン=ブラッカーが相手のファウルで受けた負傷だ。

それから厳しいリハビリの日々を経て、1年がたった今、ようやく復帰への光が視界へと入っている。

「いまはランニングメニューをこなしていて、いい感じで回復しているよ」そう語ったベテランCBは、「予定では年末まで負担を増していって、1月にはもっとボールを使った練習を行うこと。いまはとても安定している印象だし、いい感覚を覚えているよ。フィジカル面でもフィットしているところだ。悪い反応もないし、予定どおりだよ。できるだけ早く復帰したいね」

なお1月4日から行われる冬季キャンプの参加については、まだ未定となっており、「チーム練習に参加できないと意味がないしね」とカルセン=ブラッカー。だが長期離脱にもかかわらず前向きに考えており、「より力強くなって帰ってくるよ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報