ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月15日

ロイター氏、シュスター監督退任は「方向性の違い」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1481735970
シュテファン・ロイター(マネージャー:アウグスブルク)
…シュスター監督の解任について
クラブ内でアウグスブルクの将来性について思案し、そして今どのようなプレーをしているのか分析したんだ。いま見せているスタイルというのは我々が望んでいるようなものではないし、将来に向けた方向性について異なる見方をしていたよ。そのなかでともに道を歩んで行くことに意味はないさ。うまくいくはずがない。確かにタイミングはおかしなものかもしれないが、しかし意欲的にグラードバッハ戦に臨める確信がもてなかったんだ。

…このタイミングについて
必要だと思って行動に動いている。これまでにも我々は、困難な状況を共に乗り越えていけるところをみせてきた。ただこの数週間については、好意的にみられるものではない、その傾向は明らかに見て取れていたんだよ。そしてハンブルク戦後に分析を行い、この関係ではもううまくいかないという確信へといたっだ。目標を達成できない危険性が高いと判断したんだよ。

…アウグスブルクのサッカーとは
精力的に走り、アグレッシブなプレーを日々みせて、意欲的に前に向かって行くサッカーだ。その一方でおってもコンパクトに構えて、素早くカウンターを行って行く。ここ数年はそういったサッカーを見せていたのだが、最近では明らかに物足りなさが見て取れていたよ。チームからは確信をもってあまりプレーできていない印象があったし、それで今回の動きにでることにしたんだ。

…バウム暫定監督への期待
アウグスブルクの哲学を知っているというメリットがある。2年半にわたって彼はそれを学んできたんだ。トップチームの練習場にもよくいて、トップチームとユースの架け橋となってきた。クラブに慣れていくプロセスも必要ではないし、アウグスブルクのストロングポイントについて熟知していく人材だよ。今のチームには、考えを共有して意欲的にグラードバッハ戦でピッチでプレーすることが必要だ。信じる気持ちが重要なんだよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報