ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月21日

先発のチャンスも高いモラヴェク

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3770
バウム監督就任から注目を集めた選手起用の1つが、ヤン・モラヴェクをグラードバッハ戦でも、ドルトムント戦でも先発起用していたことだった。

「あの2試合がポジティブなエネルギーとモチベーションが与えられたね。それまでは難しい状況にあったし、母国にもどることも考えていたんだけど」

しかし結果として、モラヴェクは今冬にアウグスブルクとの3年契約にサインしている。

中盤にはカチャルやコールといった、守備的な選手を起用することを好んでいたいシュスター監督時代には、わずか1試合の先発出場にとどまっていたものの、バウム新体制で臨んでいる今冬のキャンプでは、後半戦からは先発としてシーズンを迎える可能性が高いようにに感じられる。

「延長はバウム監督の存在も大きいよ」と話したプレイメイカーは、「彼との取り組みはとても楽しいし、僕も監督も攻撃的なサッカーを好んでいる。それがマッチしているんだよ」とコメント。これまでのキャリアでは、相次ぐ負傷になかされてきたが、今季はここまでは特に問題はなく「このまま続いて欲しいよ」とモラヴェクは語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報